自分でいびきをかいていることに気づいていなかったり、自覚症状があっても病院で診察を受ける人は少ないです。
それでも日本のいびき人口は2千人は超えるだろう言われています。
しかもその中の90%が睡眠時無呼吸症候群だとされます。
睡眠時無呼吸症候群とは睡眠時に呼吸が浅くなったり止まってしまうことを指します。
これは、昼間の眠気だけでなく、将来の心筋梗塞や脳梗塞といった動脈硬化性疾患に関わると言われます。
いびき防止グッツやサプリメントなども多く出回っていますが、やはり、医療機関でしっかりと治療することをお勧めします。
日産厚生会玉川病院にはいびき・睡眠呼吸障害センターがあります。
診察は症状や生活状況のカウンセリング、簡易検査を自宅で行い、ポリソムノグラフィー検査を一泊二日の入院で行うと言う流れです。
生活指導を行い、症状に合わせてマウスピースやCPAP療法など様々な治療法から適切な治療をしていきます。
また合併症である動脈硬化性疾患も総合的に治療介入が可能なので、重度の症状に悩む人にも安心です。
睡眠時無呼吸症候群が改善されると、将来の病気のリスクが減る事と夜がぐっすり眠れるので起床が楽なり昼間をパワフルに過ごせるようになる事が期待されます。