転勤などの理由があって、今の住まいでの生活を継続することが不可能になることがあります。
その場合には主な選択肢として売却と賃貸をあげることができます。
売るのと貸すのとでは、それぞれに長所や短所があります。
もしも売ったほうが良いと感じた際には、Webサイトの不動産売却のカウンセラーは要チェックです。
売るにあたって役に立つコンテンツが充実しています。

まず賃貸についてですが、家賃収入が毎月入ること、持っている物件を担保に設定して融資を受けられる可能性があること、貸した人が住まいの管理を行なってくれることが主なメリットです。
しかし、空室では家賃収入は0円にはじめは入居者がいても途中で出て行かれてしまい、そのまま空室の状態がずっと続くこともあります。
また、入居者がいても物件の維持費は負担しなければならず、家賃収入は確定申告で申告しなければいけないというデメリットがあります。
家賃の滞納リスクがあるというのも、賃貸のデメリットといえます。

一方、売るメリットですが、売れればまとまったお金が手に入ります。
売れてしまえば物件の維持費が発生することはありません。
これに対し、デメリットとしては買い手が出てこなかったり、希望していたより安い金額で売るしかなくなったりすることがあげられます。
また、ローンが残っている場合、売れたことで得た金額で完済できなければ、残りは自己負担となってしまいます。そのほか、売却益が出れば確定申告が必要になります。

不動産売却で必要な経費と書類 | 不動産売却のカウンセラー ~なんでも相談室~