日本においてキャッシングの利用は貸金業法にて守られています。
しかし、その規制が消費者にとって良いことなのかそうでないのか、各国のキャッシング事情と比較をしてみましょう。
アメリカでは各州の法律にて規定されているので一様ではないですが、ニューヨーク州での上限金利は25%となっています。
また、韓国の上限金利は年利49%、イギリスに至っては上限金利の規制はないとのことです。
日本の上限金利は20%であり、それを超える貸し付けを行うと刑事罰に処されることになります。
一部ですが各国の上限金利と比べると日本はかなりの低金利での融資を行っており、これを考えると良心的な貸付が行われているというのが分かりますね。
また、総量規制に関しては他国では設けていないことが殆どです。
日本では総量規制によって多重債務者が減りつつありますので、貸し手から借り手まで安全でクリーンな取り引きがしやすい環境にあるということが言えるでしょう。
消費税が上がる前にキャッシングについて考えよう