一生、すべて自分の歯で過ごすことができることは、理想的なことです。
しかし、歯周病や虫歯などが原因で歯が抜けてしまいます。
80歳で20本の自分の歯があれば良いのですが、多くの人はそこまで自分の歯を残すことができずにいます。
いつかは、人工の歯で補わなくてはならなくなるでしょう。
そんな時、どんな方法で歯を補うのかを真剣に考えてみませんか。
徐々にではありますが、インプラントを選択する人が増えています。
やはり、安定感があるのは魅力的でしょう。
とても気になると言うことであれば、まずはどんな治療法かを調べてみてください。
人工歯根を使った治療法ですが、骨に固定するのです。
入れ歯やブリッジは他の健康な歯を使って固定しているので、全く違った方法で歯を固定しています。
どんな人でも治療できると言いたいところですが、歯科医院によっては骨量が少ない人が断られるケースが多いです。
もしも、歯が抜けてしまったら、インプラント治療ができる歯科医院でカウンセリングを行ってください。
すぐに治療に入るわけではありません。
だから、不安を抱えた状態で治療に踏み切らなくて済みます。
カウンセリングの時に、どんどん質問して安心して治療できるようにしましょう。