1886年に創業したグローバルカンパニーとして、世界60ヵ国以上に拠点を配し、常に革新的な企業として時代をリードし、自動車業界に革新をもたらしてきた商社は、もともと業務用やDIY工具の技術革新で知られる電動工具の世界的なパイオニアです。
1928年に世界初となるモーター内蔵式手持ち型電動工具を発売し、それ以降も世界初の破つりハンマーやハンマードリルを世界に届けてきました。
リチウムイオン電池を搭載したバッテリー工具も世界初登場です。
現在注目を集めている最新技術のメジャーリングツールは、新たな市場を切り開いています。
自動車の分野で世界で初めて量産型ABSを開発したのが1978年で、その後続々とESC(横滑り防止装置)や世界最小のモーターサイクル用ABSなども開発し、世界を驚かせました。
こうした革新的な技術は、世界中でたくさんの人々の命を救うことに役立ち、事故の防止や被害縮小に貢献しています。
近年では、eモビリティ社会の実現を目指して自動車の電動化に注力しており、年間4億ユーロもの投資を行い、EVや充電インフラなどのe-モビリティに必要なシステムの開発や、様々なシステムをコントロールするためのハードウェアとソフトウェアのシステムインテグレーションなどを実施しています。
https://saiyo.boschjapan-brandtopics.jp/messages/president/