ビジネスをしていると、何でも在庫管理が大切になってきますが、何で管理するかということが問題になってきます。
衣服だと、服についているメーカーの名前が刺繍してあるものが対象となるのではないかと思います。
実際にその刺繍してあるものが在庫ということになるので、しっかりと記録上の数と実際にあるものの数を合わせておくことが大切です。
もし数が合わなければ在庫の数がおかしいことになってしまうので、きっちりと合うように管理する必要があります。
毎月きちんと合わせておくと、ぴったりの数を維持することができると思います。
しかしちょっとしたミスで数が合わなくなり、どうして合わなくなってしまったのかわからなくなることもあるので、落ち着いて数を合わせていくことが大切だと思います。
伝票などでしっかりと管理しておくことが大切です。
ひと月ごとにチェックしておくと、年末にどうしようとあせることがないので、安心することができると思います。

http://yamato-logi-mieruka.jp/