将来的な展望をもってビジネスを行なう態度が、商業施設のテナントとなってやっていく際に必要になる態度となるわけでして、大阪の駅近な商業施設でテナントになってやっていくときにも、ある程度の展望が必要になります。
人口を考えると商圏としては大阪は関西随一の都市であり、しかも電車を使えば都心部にもすぐにいける位置にある商業施設であるため、将来的に郊外に人口分布が移っていくことも充分に考えられることからすると、駅近な商業施設については運営的に明るい展望が抱けると思います。
効率の良い物流網も整備されていて、しかも道路環境のみならず居住環境も整ってきて人口流入がかなり多いとされる大阪なので、商業施設にテナントとして入るには今は絶好の機会であるとされているのです。