2015年10月4日に中山競馬場で行われたスプリンターズステークスは、1枠2番に入ったストレイトガールが見事に制覇しました。
この馬はG1戦線では常に上位の人気となっていたのですが、2015年の春まではG1のタイトルがなかなか取れず、ファンや関係者をやきもきさせていたのです。
しかし2015年は5月に東京競馬場で行われたヴィクトリアマイルで見事に初のG1勝ちを収めました。
このレースは芝の1600メートルで、この馬の適性から若干長めの距離かという不安もあって5番人気の支持でしたが、そんな不安をよそにレースでは見事な末脚で差し切り勝ちを収めました。
秋になり、9月13日に阪神競馬場で行われた復帰初戦では3番人気で4着でした。
ただし、4着と言っても勝った馬からの差はわずかクビ差であったため、ここをひとたたきしてG1のスプリンターズステークスを迎えるにはほぼ不安なしという状態でした。
従ってスプリンターズステークスの直前の関係者への取材でも陣営はこの馬の勝利を期待しているようなコメントがニュースでも報じられました。
レースは前走同走して差のなかったウリウリやアクティブミノルを交わし、見事な勝ちちっぷりでした。