現在、購買業務をアウトソーシングする企業が多くなっています。
購買戦略研究所などは、すでに700社以上の企業で、大幅な購買コスト削減に成功しています。
みなさんがお勤めの会社では、社内物品の購入をどのように行っていますか。
自社の総務部などが購入しているというところもあれば、担当者にまかせっきりだというところもあるでしょう。
物品購入コストを下げたいという場合、総務部なり担当者にしわ寄せが行くだけということになりかねません。
それでコストが下がったとしても、次の担当者も同じようにコストを下げられるとは限らないのではないでしょうか。
ダイエットする時もリバウンドしないことが大切ですが、購買業務の効率化もリバウンドしないことが大切です。
購買業務のコストがリバウンドしないためには、担当者の努力でコスト削減するのではなく、自然とコスト削減ができるプロセスを導入する大切です。
購買戦略研究所では、物品選定や購買手法だけでなく、プロセスの導入でリバウンドしない購買業務のコスト削減を行っています。
トータルの利益を考える時、購買戦略研究所のようなところにアウトソーシングするほうが良いのではないでしょうか。