口元を美しく見せたいという悩みから、歯並びの矯正を大人になってからされる方が多いですが、歯並びの矯正をするなら、早い時期の方がはるかにおすすめです。
成人の方の歯並びや、咬み合せの悪い方の多くは、永久歯へのはえかわりが、スムーズにいかなかったケースが多いからです。
多くの親御様が、子供のうちからの歯科矯正は時期尚早とお考えになりますが、実は6歳~10歳の時期の矯正治療は、成人してからの矯正治療と比べると体に与える負担の少ない、取り外し式も可能な装置を使っての矯正治療も場合によっては可能で、お子様につらい思いをさせることなく、将来の悪い歯並びや咬み合せを予防できる場合が多いです。
是非、ビバ歯科・矯正小児歯科に早期の受診をおすすめいたします。