最近メディアなどで取り上げられることの多い水素水ですが、一般的に水素分子が豊富に含まれている水のことをいいます。
水素は、抗酸化物質として人間の身体の活性酸素を除去する能力が備わっており、アンチエイジング効果や脂肪燃焼効果、疲労物質の除去、抗炎症作用などの様々な効能をもたらします。
抗酸化物質は食品にも微量に含まれておりますが、ほとんどは胃で吸収され血液に溶け循環し、骨などには届きません。
その点、水ならば日常的に摂取しやすく、水素は細胞に浸透しますので容易に体内に取り込むことができます。
また副作用などはないので安心です。
しかし、市販されているペットボトル入りの天然水素水などにはほとんど水素は残っていません。
水素元素は最少の元素のため、抜け出てしまうのです。
最も水素の保持力が認められているのはアルミボトルになりますが、水素は軽いため入ってきた空気に溶けてしまうので、開栓したら二時間以内に飲みきる必要があります。
この点に注意し、ぜひ水素水を生活に取り入れてみては如何でしょう。